DeNA・ラミレス監督、上茶谷を高評価「川上のカットボールに似ていた」

1: 風吹けば名無し 2019/02/14(木) 18:17:24.16 ID:LUeQYC0g0St.V
20190214-00000557-sanspo-000-3-view
 DeNAのアレックス・ラミレス監督は沖縄・宜野湾キャンプの14日、フリー打撃に登板したD1位・上茶谷(東洋大)、3位・大貫(新日鉄住金鹿島)を高く評価した。

 まずは上茶谷について「148キロが出たし、直球、カットボールがよかった。特にカットボールは左打者の内角にも、(外角のボールゾーンから入ってくる)バックドアでもいける。セ・リーグにはカットボールをうまく打つ人はいないから効果的だと思う。例えるのは難しいけど、自分が対戦したなかでは、中日の川上のカットボールに似ていると思った」と中日で通算117勝を挙げ、米大リーグ、ブレーブスでもプレーした本格右腕の名前を挙げた。

 大貫についても「スピードがそれほどでるわけではないが、145キロがでていた。いろいろな球種でストライクがとれるし、球もよく動いていた」と評価し、2人の即戦力右腕に期待していた。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする